好きな人が二人いるママ

婚外恋愛から始まる私自身への探求です。恋愛については「私」「カレ」のカテゴリーを、家族については「パパ」「子どもたち」をご覧ください。

👨カテゴリー パパ👨


涙が止まらない。


ついに


断り続けていたパパからのメッセージ


それは悲痛な叫びのような

情熱に満ちたラブレターのような


愛に生き、浮気のできないパパの

積み上がったモヤモヤの爆発。


涙が止まらなかった。

何度も、ごめんね、ごめんね、と返した。


修復、しなければ。


大切な子どもたちのためにも。


パパのメッセージには、驚くほど

子どものことが無い。



パパにとって私は恋人のままなのだろう。


こちらばかり見ずに、一緒に同じ方向を見て歩いて行きたい、と伝えるが


うまく伝わらない。



虚無感と悟りのような感情がひろがる。



修復、、できるかな。

考えても答えがでない。


どうせ眠れなくなったから、涙を拭いて

溜まっている家事や子どもの用事をする。


こうやって冷静なのは

パパから愛されているからだろう。

愛されているから、不安も迷いもなく

生活に専念できた。



出ない答えは、時間が解決してくれるかな。

時間に任せるしかない。